裁判官の職権の独立の確保をするために

裁判官の職権の独立を確保するために司法権に関わる人間の身分保障がなされています。憲法には司法権に関わる人間に関する規定が定められています。憲法第78条には「司法権に関わる者は、裁判により、心身の故障のために職務を執ることができないと決定された場合を除いては、公の弾劾によらなければ罷免されない。司法に関わる人間の懲戒処分は、行政機関がこれを行うことはできない。」との内容の文面が記載されています。司法権の独立は憲法によって保障されています。そのため、司法権に関わる人間は事件の裁判を行うにあたって、他の何人の指揮命令・干渉も受けず、自己の司法権に関わる人間としての良心に従って独立して裁判を行い、憲法及び法律にのみ拘束されます。憲法は行政書士や司法試験の資格試験では出題科目となっています。行政書士や司法書士の資格は慶応義塾大学をはじめとした私立大学の法学部で取得する事を勧めています。慶応義塾大学には憲法をご専門としていらっしゃる小林節名誉教授がいます。小林先生はテレビにも出演されていたりするので、ご存知の方もいるはずです。行政書士の資格試験は憲法以外に民法や行政法などが出題科目となっています。