未分類

部分社会の法理

日本は、近代的な法治国家として、裁判によって物事を解決するシステムが確立しています。しかし、あらゆる争いごとを […]


裁判官の独立を保障するには

裁判官の独立を保障するために司法に関わる人間が罷免される場合は次の3つです。まず1つ目は心身の故障のために職務 […]


裁判官の職権の独立の確保をするために

裁判官の職権の独立を確保するために司法権に関わる人間の身分保障がなされています。憲法には司法権に関わる人間に関 […]


司法権が独立している理由

日本の国家権力には、立法権、行政権、そして司法権の3つがあり、これらはお互いに抑制・均衡の関係にあります。 こ […]


司法権のあらまし

司法権の概念については固定的なものでなく権力分立の歴史的展開とともに内容が変化しており、その歴史の流れは大きく […]


統治行為論の本質

統治行為とは国家機関の行為のうち、法的な判断が可能であってもその高度な政治性故に司法審査の対象とされない行為の […]


司法権と行政権との関係

日本国憲法は三権分立主義をとり司法と立法及び行政がそれぞれに抑制と均衡を図っています。もっとも、我が国の憲法は […]


司法権と立法権との関係

日本国憲法では41条と65条及び76条により三権分立主義を採用することを明確にしています。もっともイギリス型の […]


司法権の性質

司法権とは具体的な争訟について法を適用し宣言することによってこれを解決する国家作用です。そしてここに具体的な争 […]